TOP > ロックウールの特長 > 断熱性がすごい

断熱性がすごい

高断熱のヒミツは「空気の壁」

ロックウールで断熱した住宅は夏涼しく、冬は暖か。
これはロックウールが「空気の壁」を作ってくれているからなのです。
水や金属、土やコンクリート、ガラスなどさまざまな物質の中でも、「空気」は最も熱を伝えにくい特性を持っています。
ロックウールは高密度の繊維を固定し、そのすき間を「動かない空気」で満たすことで、外気の熱を伝わりにくくしています。

断熱施工モデル図

熱抵抗値(R値)が性能の証明

熱抵抗値(R値)は、熱の伝わりにくさを示す値です。
熱抵抗値の数値が大きいほど熱を伝えにくい、つまり断熱性が高いことを示しています。(単位:㎡・K/W)厚さ100mmの場合、ロックウールは2.6という高い数値を示しています。
動かない「空気の壁」がしっかり断熱してくれていることが数値でも証明されています。
同じ断熱性を発揮するためには、R値の比に応じた厚みが必要となります。
2.6(ロックウールのR値)÷0.06(コンクリートのR値)=42
厚さ10cmのロックウールの断熱力は厚さ4.2mのコンクリートに相当します。

素材別熱抵抗値(R値

しかもコストパフォーマンスも抜群

またロックウールは、ローコストでご利用頂けるため、「抜群のコストパフォーマンス」を発揮する断熱材として人気を集めています。
「断熱性能で選べば断然ロックウール!」

断熱するならロックウール!

アイコンをクリックしてロックウールの特長をチェックしてね! 断熱性 耐熱性 省エネ性 防音性 耐水性 安全性

"ロックウールにしたい!"
住宅メーカー様・工務店様・設計事務所様に
「断熱材はロックウールにしてください」とご相談ください。