TOP > プロのおすすめ

プロのおすすめ

ロックウールはすべてに優れた「選んで後悔しない断熱材」です

住まい作りは「断熱材」にこだわる時代へ

最近、住宅を購入する際に「断熱材」に関心を寄せられるお施主様が増えてきています。
私は、住宅ジャーナリストとして沢山のお施主様にお話を聴いていますが、最近ほとんどの方が真剣に考えていらっしゃるのが断熱材についてです。
以前は、デザイン面など目に見える部分が、関心の中心でしたが、目に見えない「断熱」への関心がどんどんと高まっているのを肌で感じています。
それは、断熱材が一年を通して快適な室温を保ち、住宅の長寿命化にも大きく貢献することができる材料だということが知られてきているからなのですね。
住宅展示場などに行くと、さまざまな種類の「断熱材」を見ることができます。営業の方も熱心に自社が使用している断熱材のメリットを説明してくれます。
しかし、どの材料も断熱性能の高さをうたっているので、最終的にどれを選んだらよいか迷ってしまいますよね。

しっかりと施工されたロックウールが、「動かない空気の壁」を作っています。

断熱材はどれも同じではありません。賢い断熱材選びのポイントとは…?

そこでおすすめしたいのは、断熱材の長所である断熱性能以外の特長をバランスよく持つ材料の選定です。
なぜなら、断熱材なのですから、断熱性能が高いのは当たり前。
どれだけ断熱性能が高くても、費用が高すぎたり、火や湿度に弱く、断熱材自体が長持ちしなければ、断熱材の持つメリットが活かしきれません。

この点、すべての面でバランスのよい断熱材の一つとして推奨できるのが「ロックウール」なのです。

火災、湿気に強く、耐久性バツグン!のロックウールに注目しています

仕事柄、さまざまな住宅建築やリフォームの現場を見て歩いた結果、声を大にして強調したいところは、断熱材は断熱材の性能を保持できる状態でなければ、入れていても意味がないということ。それどころか、断熱材を入れたことで、かえって住宅を痛めてしまう場合もあるということです。

例えば、湿度や水を吸いやすい材料を選んだ場合、水分を含んだ結果、その重みで断熱材が所定の位置からずり落ちてしまっている場合があります。この場合、断熱材としての役割を果たさないばかりか、水分を含んだ状態で構造体に接しているため、シロアリ発生やカビの原因になることもあります。
万が一の火災の場合も、他の断熱材では高熱で断熱材が溶けたり燃えてしまうおそれがあるのに対し、ロックウールは材料が高炉スラグや岩石なので耐熱性に優れ燃焼を遅らせてくれます。

安全性や、費用面ももちろん合格です

ロックウールはホルムアルデヒド放散特性の安全な等級区分F☆☆☆☆(エフ・フォースター)に該当しているので、シックハウスにも安心です。ロックウール断熱材の家は、夏は涼しく、冬は暖か。各居室の間の温度差も少ないため、冬場のヒートショックも少なくなります。
これほどの長所を兼ね備えながら、費用もリーズナブル。エアコンの使用を抑えることにより節約ができ、家計や地球環境にやさしいのも嬉しいポイントです。

断熱するならロックウールをおすすめします

住宅は非常に高価な買い物。この夢のマイホームで長く快適に暮らすためにも、ロックウール断熱材をおすすめします!

カーリング日本男子 SC軽井沢クラブ応援スタジアム

SC軽井沢クラブ

ロックウールZEH

火にも音にも強いのはロックウールだけ 〜驚きの実験結果〜

高断熱住宅で暮らす ~お客様の声~

大東めぐみのエコ住宅体感レポート

コラム「快適住まい術」

断熱材比較

断熱用語辞典

ロックウール断熱材は建材トップランナー制度の対象製品です。

住宅用ロックウール断熱材メーカー
ニチアス株式会社
JFE ロックウールファイバー株式会社

ロックウール工業会