TOP > ロックウール断熱材は建材トップランナー制度の対象製品です。

ロックウール断熱材は建材トップランナー制度の対象製品です。

ロックウールの優れた断熱性能を更にアップすることで、より快適で省エネ性の高い住まいを実現

建材トップランナー制度とは

さまざまな製品の省エネ化をはかるために、経済産業省および資源エネルギー庁が中心となり、製品ごとに性能レベルの基準を定めそれを満たすことを求める制度を「トップランナー制度」といいます。
平成10年にスタートしたこの制度は、これまで家電や自動車などの分野で大きな成果を上げてきました。

建材分野における同制度が「建材トップランナー制度」です。
平成25年12月に断熱材と窓が対象となり、それぞれに設定された目標値に向けて性能向上の取り組みが始まっています。

対象となる断熱材は?

断熱材として広く使われている「ロックウール」「グラスウール」「押出法ポリスチレンフォーム」の3種類が対象となっています。

具体的な目標値は?

ロックウールは「グラスウール高付加価値品」と同等の断熱性能「0.038W/(m・K)」ですが、更に熱伝導率を0.5%改善し、平成34年(2022年)に0.03781[W/(m・K)]を達成することを目指しています。

断熱材区分 トップランナー値
(熱伝導率)
[W/(m・K)]
効率改善後の
トップランナー値
(熱伝導率)
[W/(m・K)]
現在
出荷割合
目標年度
出荷割合
目標基準値
[(熱伝導率)
W/(m・K)]
性能
改善率
ロックウール断熱材   0.038 0.03781
(0.5%改善)
- - 0.03781 0.5%
グラウスール断熱材 普及品 0.050 0.04975
(0.5%改善)
40.48% 31.41% 0.04156 6.04%
高付加価値品 0.038 0.03781
(0.5%改善)
59.52% 68.59%
押し出し法
ポリスチレンフォーム
保温材
普及品 0.040 0.03900
(2.5%改善)
48.12% 41.80% 0.03232 6.19%
高付加価値品 0.028 0.02752
(1.7%改善)
51.88% 58.20%

*表内の「出荷割合」とは、例えば現在のグラスウールの中で、普及品(40.48%)と高付加価値品(59.52%)の出荷割合を示しております。

トップランナー断熱材使用のメリットは?

より断熱性の高い住まいを実現することができます。
高断熱住宅には、
「省エネ」「冷暖房費の節約」「ヒートショックの防止」「結露防止」「健康な暮らし」など様々なメリットが有ります。

建材トップランナー制度についての資料はこちら(PDF:465KB)

カーリング日本男子 SC軽井沢クラブ応援スタジアム

SC軽井沢クラブ

ロックウールZEH

火にも音にも強いのはロックウールだけ 〜驚きの実験結果〜

高断熱住宅で暮らす ~お客様の声~

大東めぐみのエコ住宅体感レポート

コラム「快適住まい術」

断熱材比較

断熱用語辞典

ロックウール断熱材は建材トップランナー制度の対象製品です。

住宅用ロックウール断熱材メーカー
ニチアス株式会社
JFE ロックウールファイバー株式会社

ロックウール工業会