断熱材の種類

断熱材には、さまざまな種類があります

断熱材には、さまざまな種類があります。​
大きく分けると、以下のように人造鉱物繊維であるロックウールやグラスウールなどの“繊維系”と​
​“発泡プラスチック系”があります。

断熱材
無機 繊維系
ロックウール
グラスウール
有機 繊維系
セルロースファイバー
インシュレーションボード
発砲プラスチック系
押出法ポリスチレンフォーム
ビーズ法ポリスチレンフォーム
硬質ウレタンフォーム
フェノールフォーム

日本では「無機繊維系」がポピュラー

繊維系断熱材は、繊維と繊維の間に詰まった空気の層が、熱を遮り断熱性能を発揮します。​
また断熱性能以外にも、“耐火” や“遮音”に優れた性能があります。​
繊維系断熱材は、高品質な断熱材として日本で最も人気が高いです。​

ほとんどの繊維系断熱材は、JIS(日本工業規格)規格適合品で、工場生産されているため​
​品質が安定しています。

繊維系断熱材ロックウール!